寄  稿  案  内

「日本養豚学会誌」は日本養豚学会の機関誌として年4回刊行し,会員に配布する。本誌は養豚に関する研究成果の発表,技術の普及ならびに会員相互の連絡をはかることをもって目的とする。投稿者は下記の規程によって投稿して下さい。

投  稿  規  程(一部改訂)

1. 筆頭著者ならびに連絡者は本会正会員,学生会員,名誉会員,功労会員に限る。

2. 寄稿は会誌編集委員会において審査し,採択原稿は原則として受付順に掲載する。

3. 豚を飼育し,食用利用以外での殺処分や採血などの生体から採材を行う実験に関する報告では,それぞれの機関における動物実験のガイドラインに従って実施の承認を得たことを(承認番号があればそれとともに材料および方法に明記する。)それが不可能な場合には,日本学術会議の「動物実験の適正化に向けたガイドライン」などに従い、動物倫理に充分な配慮が払われたことを明記する。なお,本稿に反すると判断した場合は,掲載を拒否する事がある。
 (例) 本実験は、・・・・・・・の動物実験指針に従って計画し、・・・・・・・委員会の審査、承認を得て行った。(承認番号20160005)

4. 掲載を受付ける原稿は養豚に関する試験研究,調査等の原著論文および研究短報,技術ノートのほか,総説,解説,資料等本誌の目的に沿うものとし,連続した内容を扱う場合でもそれぞれの原稿が独立した内容となるようにまとめ,番号を付さない。また,原稿は著作権を厳守したものであり,新規の原稿でなければならない。

 1) 原著 : 試験・研究成果の公表であり,実施の目的,方法,データ処理,考察が適切であると判断されるもの

 2) 短報 : 原著論文に準じるが,図表を2つ以内とする。
 
 3) 技術ノート : 養豚に関するすべての領域における技術開発や改善を主としており,その広報が技術普及に重要と判断されるもの

 4) 総説 : 養豚に関する特定のテーマについて文献を網羅し,広い視野から概説したもの

 5) 解説:養豚に関する特定のテーマについて掘り下げて,かつ,他分野の会員にもわかりやすく紹介し,会員の啓蒙に役立つもの

 6) 資料 : 上記の他,学問的あるいは技術的に価値ある内容を含み,その公表の必要性が高いと判断されたもの

5. 掲載された原稿の著作権は,日本養豚学会に属する。

6. 原稿は原則としてワープロ原稿(A 4版35字×25行の横書き)とする。句読点には1字分をあて,改行は1字をあけて書き出す。

7.
 1) 原稿は行番号を付与したものを作成し,所定の原稿添付用表紙とともに,Eメールでtokou@nichibuta.jpへ送付する。(所定の用紙は学会ホームページよりダウンロードする。)

 2) 本文に要約がないものについては,表題と著者名をつけた800字以内の要旨を作成し,Eメールでtokou@nichibuta.jpへ送付する。

8.
 1) 原著論文の記述の形式は,表題(おおむね60文字以内),著者名,所属(以上は和文および英文),要約(800字以内,段落をつけない),緒言,材料および方法,結果,考察,文献,英文抄録の順序とする。

 2) 日本語の短縮,技術ノートは要約および英文抄録は必要としない。

 3) 英語の短報,技術ノート,資料においては日本語の要約を作成する。

 4) 原著では英文抄録の後に,また短報では所属の後にキーワードを記入すること(英文で20字までのものを5語以内)。

 5) 英文抄録は英文論文の作成に熟知した第三者の校閲を受けたものとする。なお,英文校閲を編集委員会に依頼することもできるが,その費用(5000円)は著者負担とする。依頼の要,不要は所定の表紙に明記のこと。

 6) 英文原著論文の英文校閲を編集委員会に依頼する場合の料金は,英文の完成度に応じて所要時間が異なることから,時間単位の料金設定とする(1時間あたり1800円)。

 7) 2つ以上の所属がある場合は,著者名とその対応する所属に,数字を肩文字として挿入する。例:勝俣昌也・美川 智1 → 麻布大学,1農業生物資源研究所

9. 原稿はなるべく簡潔に記述し,図表および写真は必要最小限のもののみに止めること。なお,図表のタイトルには英文も併記すること。

10. 外国の人名,地名等は原語または片仮名とする。数字は算用数字,度量衡はメートル法に従うこと。

11.動物用医薬品,飼料,飼料添加物,飼養・繁殖・防疫管理用機械器具などの製品類を研究対象とした論文については,原則としてその製品類の一般名(または成分名および一般名に関連した略称)を用いる。ただし「表題」「要約」を除いて最初に記載された一般名の後,括弧内に製品名を®で示すことを可とする。この規定は「材料および方法」に再現性の情報を提供する分析(解析)機器やコンピューターソフト類に関するものではなく,これらについては適切な箇所にメーカー名および製品名を具体的に記載する。肉豚,豚肉等の製品名,銘柄名も同様の扱いとするが,品種名および認定された系統名はこの規定に含めない。
例)タイトル「豚用総合ビタミン剤の肥育豚の増体への効果」,序論「本研究では,豚用総合ビタミン剤(ニチトンミックス®)を用いて解析を行った。」

12.図表は個々に番号において表題を記入し,原稿の最後にまとめて添付し,本文中には欄外に挿入位置を指定する。図はA4縦の誌面に収まり(横幅16.5 cmまたは8 cm),文字が小さくならないように作成する。表はA4縦の用紙に10.5 ptで作成する。図表のファイル様式は,ワードファイル以外(pptx,xlsx,pdfなど)も可であるが,1ページに1つの図または表とする。また投稿段階ではファイルの容量が大きくならないように注意し,高解像度版の提出は受理後とする。

13.文献は末尾に一括し,筆頭著者の姓をアルファベット順に並べ,各文献には,著者名(共著の場合は全員を記載),発行年,表題,誌名,巻(太字),ページの順に記す。本文中においては,当該文献を引用した箇所に,著者名および発表年を例にならって発表年順に記入する。ただし,著者名は2名までとし,3名以上は最初の著者名に「ら」をつけて他は省略する。雑誌名はなるべく略号を用いる。巻がなく号のみで追っているものについては号数を( )内に入れる。単行本の場合は,著者名,発行年,表題,書名,ページ,発行所,発行地を記す。
 また,同じ筆頭著者による複数文献がある場合には以下の通りとする。

 1) 単独著者論文をはじめにおき,次に複数著者文献を第2著者,第3著者等のアルファベット順に並べる。同一複数著者の場合は発表年順にする。

 2) 単独著者による論文あるいは筆頭著者および第2著者が同じ論文,筆頭著者が同じで著者が3名以上の論文で,発表年が同じ文献が複数ある場合,本文中に引用した順に発表年にアルファベットをつける。本文中の引用箇所の発表年にも同じアルファベットをつける。

 (例)
  本文中;

    ……についてはKATSUMATAら(2004a),STRUDSHOLM and HERMANSEN(2005)および梶ら(2006)の報告によって明らかであり,……についてもOKUMURAら(2001)および KATSUMATAら(2004b)によってすでに報告されている。また,……の研究が報告されている(上家ら,1993;斎藤と古谷,1999)。

  末尾文献;

DINGBOOM, E.G. and W.A. WEIJS : 2004, The effect of growth and exercise on mus- cle characteristics in relation to meat quality, In Muscle Development of Livestock Animals. (ed.) te PAS M.F.W, M.E. EVERTS and H.P. HAAGSMAN, 83-102, CABI Publishing, Wallingford.

上家 哲・甫立孝一・小澤明仁・甫立京子・川端麻夫 : 1993,豚成長ホルモン濃度に及ぼす加齢,TRH投与及びストレスの影響,畜試研報,(53),15-22.

梶 雄次・阿部正八郎・水上暁美 : 2006,トウモロコシと大豆粕を主体とした子豚期飼料におけるフィターゼの亜鉛代替効果,日豚会誌,43,49-56.

KATSUMATA, M., S. KAWAKAMI, Y. KAJI and R. TAKADA : 2004b, Circulating levels of insulin-like growth factor-1 and associated binding proteins in plasma and mRNA expression in tissues of growing pigs on a low threonine diet. Anim. Sci., 79, 85-92.

KATSUMATA, M., M. MATSUMOTO, S. KAWAKAMI and Y. KAJI : 2004a, Effect of heat exposure on uncoupling protein-3 mRNA abundance in porcine skeletal muscle, J. Anim. Sci., 82, 3493-3499.

OKUMURA, N., Y. KUROSAWA, E. KOBAYASHI, T. WATANOBE, N. ISHIGURO, H. YASUE and T. MITSUHASHI : 2001, Genetic relationship among the major non-coding regions of mitochondrial DNAs in wild boars and several breeds of domesticated pig, Anim. Genet., 32, 139-147.

斎藤 守・古谷 修 : 1999,「飼料成分と栄養価」,豚病学,第4版,92-94,近代出版,東京.

STRUDSHOLM, K. and J.E. HERMANSEN : 2005, Performance and carcass quality of fully or partly outdoor reared in organic production, Live. Pro. Sci., 96, 261-268.

14.
 1) 論文の長さは図・表など一切を含めて,原著論文及び技術ノートは刷上がり8ページ (1ページは約2,100字)以内,研究短報は4ページ以内とする。

 2) 上記の制限を超えるものは著者の負担 (1ページあたり6000円) とする。ただし1編12ページ(原著及び技術ノート)または8ページ(短報)を超えることはできない。

 3) カラー写真およびアート紙を使用する場合は実費を著者負担とする。

15.別刷を希望する場合は下記の基準に基づいて著者の実費負担とする。所定の表紙に必要部数を明記のこと。

オンデマンド印刷 表紙付き(税別)
  ページ数  1部単価
   1〜 4頁
   5〜 8頁
  9〜12頁
  13〜16頁
  17〜20頁
   45円
   65円
   85円
  105円
  125円

16.原稿は編集の都合により返稿し,あるいは改稿を求めることがある。掲載済みの原稿は原則として返却しない。

17.著者の校正は初稿1回に限るから綿密に校正すること。校正の際には字句の追加,削除または文章の移転等をしないこと。

18.論文作成についての問い合わせ先,および論文の投稿先は,E-mail : tokou@nichibuta.jp「日本養豚学会誌編集係」とする。

※ 下線部分は変更箇所を示す。


このページのトップへ